2017年11月15日

できない力

自慢ではないですが料理あまりうまくないです。豚の血もまだ固められないし、豚の血ともち米のソーセージもまだできてないし、九转大肠も一度しか試作できてません。米の蒸しパンも途中でパイもそんなにうまくないし…
でも、新しく料理を作るときには味つけが1回で決まります。その秘密はなにか皆さん知りたいですか?それではお話ししましょう。

試作をするときに毎日毎日続けてする人がいます。僕は毎日続けてしません。腕はそんなにすぐに上がるものではないからです。1回やって失敗したらしばらくしません。例えばその次の挑戦が1年後だったとしたらその間ずっと考えます。その続けているイメージトレーニングと自分の成長がぴったり合ったら、その時にできるようになります。パイのことをずっと考えていたら、麻婆豆腐を作っていても、食文化の本を読んでいても、パイはうまくなっていくと思います。

その自分の課題というのが常に10以上あって、毎日イメージトレーニングを順番にしています。幸せな調理師と違って私生活のことなんて考える暇はありません。

ま、結婚記念日を忘れてた言い訳なんですけど。
posted by オギノ at 02:59| Comment(0) | 中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: