2010年09月25日

空耳

コメントをいただいている「数馬」という方は私の兄です。

大阪で弁護士をしております。何か事件を起こしてしまった際にはぜひ仕事を依頼してみてください。私は弁護士は片手間で、次の大阪府知事を狙っているのではないかと睨んでいます。

「数馬」は字は違えども中国語で聞くと「デジタル」です。中国に行ってパスポートを見せたら、係りの人は心の中で「こいつの名前デジタルかよ」って思っていると思います。でもいいんです。兄はほんとにデジタルって感じの人間ですから。

「正好」という名前の人は中国語の意味では「ちょうどいい」です。私の先輩にその名前の方がいましたが、仕事っぷりはちょうどよくありませんでした。

嫁さんの中国人の友達に「高峰」という方がいました。これは「ラッシュ・アワー」の「ラッシュ」に当たる単語です。名前が単語になっている方は中国人でも珍しいです。

「桂子」、「貴子」はいけません。「鬼子」と声調が違うだけで発音が同じなため、本人に言うかはわかりませんがあだ名は「日本鬼子」になると思います。

特殊な名字なのですが昔「岡門」さんて方がいました。「肛門」と発音が同じです。

「高巣桂子」さんは全体で「エクスタシーの鬼」です。

中国語を耳から勉強していると、日常会話で明らかに日本語でも無理やり中国語に聞きとるようなことがあります。「Bランチ」が「白蘭地」(バイランディー、ブランデー)みたいな。
今はあまり聞かなくなりましたが「アラフォー」が「阿拉伯」(アラボー、アリババ)みたいな。

今日は一歳に満たないうちのびんちゃんが「パーパー」って言ってました。中国語で「怖い怖い」です。
そのあと「うおーうおー」って言いました。中国語で「私はお腹がすいた」です。
嫁さんに話したらすごく馬鹿にされました。



posted by オギノ at 23:17| Comment(0) | 中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。