2018年04月02日

新年度

新年度が始まりました。子供が中学校に上がり、父親には二度目の縁を切られ、素晴らしいスタートが切れたと思います。もともと父親と茨木は嫌いなので、しがらみが減ってよかったです。
挂心と言う言葉が中国ではあって、訳は気に掛けるという感覚です。いろいろ気に掛けると勉強時間が減るので料理のこと以外はあまり興味を持たないようにしてます。そこがダメだと妻に言われようと、従業員に息抜きの時間が足りないと言われようと、調理師は料理以外のことを考える時間をできるだけ少なくするべきだと思います。はっきり言って調理師には息抜きは要りません。

いろいろなことを考えず、真剣に料理に取り組んでいる店ですが、私は死ぬまで調理師であるつもりもありません。どちらかというと楽な店ですので、よかったら来てください。


posted by オギノ at 03:35| Comment(2) | 中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする