2018年01月15日

生煎

000037.JPG000033.JPG

一月はおかげさまで順調な滑り出しができてありがたいことです。今週月曜日と水曜日は取材のため夜の営業が遅れることもありますのでご了承ください。

下手の横好きで点心をたくさん作っています。十年以上レシピを考えている点心に生煎があり、上海では必ず食べます。生煎は以前は焼き小籠包なんて言っていましたが、小籠包を焼いたものが上海の避風塘であることから、別の日本語訳を作る必要があると思います。ちなみに生煎は包み口を焼くものと底を焼くものがありますが、その辺のところは上海料理のこの人に聞いてください。

明日の取材は四十品コースで、四十品すべてを撮影して掲載していただけます。以前別の雑誌に掲載していただいたものとできるだけ内容を変えてお作りしますのでご購入いただければと思います。全国誌です。詳細は後日にでも。
posted by オギノ at 01:33| Comment(0) | 中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

市場の風景

000020.JPG000023.JPG000022.JPG000014.JPG

暇さえあればバスに乗って市場に行ってました。
トウバンジャンの店、米や穀物の店、油の店、街の入れ墨彫り・・・
ちょっと入れ墨彫りたくなった時はいいですね。

posted by オギノ at 01:50| Comment(0) | 中国の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

青い看板

000008.JPG000001.JPG000007.JPG

東月隈のときは赤い看板と赤い椅子だったのですが、美野島に移転して青い椅子と青い看板にしました。
中国料理なのになんで青いのかと言われますが、四川のレストランは青いのは普通です。

当店の四十品コースは今は無き成都小吃城をモデルとしていますがこの店(龙抄手)でもお召し上がりになれます。レジでまずお金を払い、その辺の服務員にレシートを渡してどのあたりの椅子に座ってるのかを言って、料理が到着するのを待つというちょっと難しい店です。相席(拼座?)になったら話しかけられます。

蛇足ですが明日から営業しています。よろしくお願いします。

posted by オギノ at 22:55| Comment(0) | 中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする