2017年06月28日

小吃コース

おかげさまで小吃コースたくさんのご予約をいただいております。
小吃コースは四回に分けてお出ししております。まず小皿の前菜風小吃。こちらは当初20品でしたが、現在25品ほどです。

次に料理風小吃。こちらは当初5、現在も4か5品です。

次は点心。こちらは当初10でしたが、ここで急に挫折するお客様多数ですので、ここは現在5程度です。ここに麺類が入ってますが、多くも少なくもできますので、お申し付け下さい。

最後デザート風小吃。こちらは5品ほどです。

初めてのお客様でいきなり小吃コースはおすすめしてません。フカヒレ姿の入った同額のコースのほうが豪華です。普通のコースが違うわけではありませんが、小吃コースは四川の食を体験することを強く意識して作ってます。四川で食べるならここで食べた方が安いみたいな考えですので、豪華食材はありません。でもここにしかないものがお召し上がりになりたいなら、小吃コースもいいかもしれません。よろしくお願いします。

posted by オギノ at 01:55| Comment(0) | 中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

イベント

DSC_1377.jpg
22日にありました、「トアヒス」でのイベントは、大盛況でした。ご来店いただいたお客様、ありがとうございました。場所を使わせていただいたオーナー山下シェフ、浦田シェフ、「菊鮨」の瀬口大将、肉好きの石橋くん、うちの従業員の向山くん、お疲れさまでした。
次回は当店で唐津の「鮨処つく田」松尾様を招いてやります。七月二日で、夜は満席、昼はまだ少しお席あります。よろしくお願いします。
posted by オギノ at 13:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

沸騰魚

DSC_1276.jpgコースに辛いものは控えていたのですが、皆さん四川料理と言えば辛いもののイメージがあるようですので、最近は辛いものを入れるようにしてます。
沸騰魚は、下味を入れた魚を茹でてから油をかけたものです。昔は水煮魚と沸騰魚と同じ料理だったようですが、今はこのやり方が沸騰魚と呼ばれるようです。牛肉に同じように油をかけたものは沸騰牛肉とは呼ばず、違う呼び名になります。

呼び名で思い出したのが、郭沫若が「思い出すだけでよだれが出る」と書いた茹で鶏がよだれ鶏ですが、豚でしたらよだれ豚でしょうか。アワビでしたらよだれアワビでしょうか。ハマグリはどうでしょう。赤貝は?昔はそうではなかったですが、今はいいかも知れません。

麻婆豆腐の味で春雨だと麻婆春雨でしょうか。昔は麻婆味で一般的なのは麻婆脳花でしたが、麻婆豆腐とはかなり味違ったと思います。麻婆の名のつく料理は豆腐と脳花以外そんなになかったと思いますが、麻婆もやしとか麻婆茄子とか今なら呼び名としては通用しそうです。


posted by オギノ at 01:11| Comment(0) | 中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする